アパート経営のメリット

銀行による預金が実質的にあまり意味の無い物になってしまっている現在、様々な金融商品(FX比較で出来る外貨為替取引など)、投資が生まれています。このように色々な、資産運用の方法がある中で、アパート経営を選択することによって得られるメリットには何があるでしょうか。少し考えてみたいと思います広島 賃貸でメリットのあるアパート経営をスタートさせてみましょう。

少ない資金で始められる

アパート経営は他の投資方法と比べて少ない資金でも始めることが出来ます。アパートを購入すると聞くと初期投資が高そうだからと敬遠されがちなのですが、実は購入の際すべてを一括で支払う必要はなく、頭金さえあれば後はローンで返済と言う方法がとれるのです。このローンをアパート経営でえた家賃収入で返済して、その後はそのまま家賃収入という方法がとれるのです。この時にうまく入居者が集まらず、ローンを返済できないという自体に陥るリスクはありますが、いざというときは物件を売却してしまえばローンはそんなに残らないと考えられますし、入居者がいないというのは、都市ではほとんどないでしょう。とはいえ、利回りの関係もあるので、リスクを低くとるためにも無難な物件を選んでおきましょう。

老後の生活資金が作れる

前記のように我が国日本では年金問題が浮上しており、このままでは国から老後の生活を保証する年金が十分にもらえない可能性が高くなっています。その逆に、平均寿命は長くなってきているのだから大変です。年金がもらえないのにどんどん年をとって体は動かなくなってくる。医療保険も削減されて高くなっている現在の流れでは年をとった後、十分な生活が出来なくなることは目に見えています。

 

そこで有効になるのがアパート経営なのです。アパート経営がうまくいっていれば建物があるだけで毎月の収入が期待できるため、年金と合わせれば十分に暮らしていけ、医療制度も受けられるぐらいの収入は期待できるでしょう。銀行の金利がほどんどない以上、どこかに投資をしておいて資産を増やしておかないと、近い将来必ず苦労します。その中でもアパート経営などの不動産投資はリスクが少なく、安定した収入が期待できるためオススメといえるでしょう。

税金も安くなる?

建物であるアパートは土地だけの非住宅用地に比べて、あまり税金がかかりません。固定資産税は土地にかかる税金の役6分の1なのです。また、資産を相続する場合にも、金融資産と比べて40%も少ない、さらには所得税や住民税も少なくなるなど、税金の面でもアパート経営は有効な手段といえるのです。土地をもてあましているだけならアパートを建てて経営した方が、例え赤字でも、税金を払うよりは良いという場合だってあります。

 

経営者の年収や物件によっても税金は変わってきますので、大きな節税になるかどうかは調べて貰わないと解りませんが、節税の効果があることは確実ですので、すでにアパート経営を始めているという方は、税理士さんなどに相談してみるとよいかもしれません。

pickup


大阪で振袖レンタルを致します


新宿のパーソナルトレーニングジムおすすめランキング!口コミも調査!



2020/6/12 更新