新築物件と中古物件

アパート経営などの不動産をすると決まった場合に、建物を持っていればそれを賃貸すればよいのですが、層ではない場合つまり、建物を持っていないときには、物件を購入する必要があります。そのとき購入する対象として新築物件にするのか、それとも中古物件にするのかという問題があります。アパート経営の場合建物が新しければ人が入るというわけではありません。中古にも中古のよさがります。ここではそれぞれの特徴、メリット、デメリットなどを紹介していこうと思います。広島 賃貸で新築や中古の物件が勢揃いです。

新築物件の特徴

新築物件の一番の魅力は耐用年数が長いということでしょう。新築なのだから当たり前の話なのですが、アパート経営にとってはこれは大きなメリットなのです。耐用年数が長いということはアパート経営を長く続けることができ、その分収入を得られる年数も長くなるということが言えるのです。さらには、新しければ新しいほど、アパートとしての価値が上がることが期待できるため、売却する時なども中古物件よりは利益が期待できるのもうれしいところです。

 

また、新しい建物なので設備も新しく、充実していることが多いのも特徴です。中古の物件などでは建物や立地条件は良くても設備が昔のままで使いにくかったり、十分に整備されていないことが多いのです。そのてん新築のアパートなどでは、オートロックなどのセキュリティ面も充実していたり、宅配ボックスや、現代風のキッチンなど今の時代にあった設備になっていることが多く、賃貸する場合にでも価値が上がりその分離駅も期待できる可能性があります。

 

しかも、設備が現代にあっているため、入居者も見つかる可能性が高くなります。入居希望者の気持ちになるとよく分かりますが、アパートを探している場合、多くの場合ネックになるのは予算と立地条件ぐらいで、同じ条件ならまず間違いなく新築の方を選ぶでしょう。ということは、アパート経営をやる上でのリスクも少なくなるということです。

中古物件の特徴

新築に比べた時、中古物件の魅力はズバリ値段の安さです。新築のアパートはどうしても設備が整っていて新しい分高額になってしまいますが、一度でも人が使えばそれはもう中古です。値段は急激に落ちてしまいます。少額でアパート経営などの不動産投資を始める方はまず、この中古物件を購入することになると思います。しかし、中古とはいえ立派なアパートもありますし、探せば掘り出し物が見つかり、新築よりも利益が見込めるかもしれませんよ。

 

また、新築の場合は新しく建物を建てるためできあがったときの建物の状態が把握できません。その点、中古物件は既にあるものですから、立地条件や、どれぐらい持つのか、管理状態はどうなのかといった事を購入前から確認することができます。新築といえども良い建物とは限りません。安く建てた新築よりも、しっかりとした中古物件を購入した方が対応年数が保つこともあり得るのです。中古物件を購入する際は、管理状況、利用状況はどうだったのか?さらに入居者はどれぐらい入っていたか?等を確認してから慎重に選ぶことをオススメします。これは中古物件だけのメリットといえるでしょう。

check


蒲田の人気美容室


NDIR


さいたま 注文住宅


Last update:2019/6/4