他の投資とアパート経営の違い

投資の方法はアパート経営などに代表される不動産投資の他にも様々な物があります。ここでは、代表的な投資方法を取り上げることによって、アパート経営などの不動産投資と他の投資との違いを探ってみようと思います。

預貯金・保険

現在銀行などでの貯金は低金利中の低金利です。このような金利では銀行に預ける意味は皆無です。銀行が発売している金融承認の利回りもどんどん悪くなって来ており、大きな資産を持っている方にはペイオフの不安もあります。

ペイオフというのは、金融機関である銀行が破綻した場合、全額の払い戻しが保証されていた預金が、2002年4月の解禁からは保証が1000万円とその利息分までとなってしまったことです。つまり現在では、銀行にどれだけ預金していようが、銀行破綻してしまえば1000万円までしか帰ってこないのです。このような銀行に大金を預ける気にはなれませんよね。

株式投資

そもそも株式を買うという行為は、その銘柄の会社に対する出資を意味しています。株式は、会社絵への出資を細かく分けて単位の形にしたものなのです。出資を細かくすることによって資金力のある人も、そうでない人にも、出資を募ることが出来るというわけです。企業はこの株式を証券取引所に委託して販売します。このことを上場といい、この証券取引所に上場された株式を証券会社と通して売り買いすることを、株式投資と呼ぶのです。ちなみに、企業が証券取引所に上場するためには、証券取引所が定める上場基準をみたしていることが条件となります。

 

この株式投資はリスクも大きいがリターンも大きいため、そのリターンの大きさに惹かれて多くの人が投資を行っていますが、その分リスクが大きく、専門的な知識や、感も必要となってきます。さらに、株式は、時代の流れに非常に敏感ですぐに変動するため、常に、世界の経済の動向に目を配ったり、為替を呼んだりしなくてはならないため、難易度が高い投資ということになります。

不動産投資

このような投資と比べるとアパート経営などの不動産投資は株式よりもリスクが少なく、預金よりも多くのリターンが期待できるという丁度良い位置づけの資産運用といえるでしょう。さらに専門的な知識もあまり必要ないため、誰でも簡単に始めることができます。うまくいけば、安定した収入を長期間にわたって得ることができることも見逃せません。

 

とはいってもメリットだけではありません。株式よりも低いとはいえリスクも存在していますし、始めれば確実に儲かるといったものでもありません。資産運用、投資はどんなことが起ころうと自己責任です。完全に安全な投資は存在しません。どれだけリスクを考えて動けるかということが大切になってくるでしょう。

Favorite


業務用脱毛機を調査


企業内保育園



最終更新日:2019/5/23